男性のなかでもほったらかしている人もいるのではないかと思います。それが尖圭コンジローマです。尖圭コンジローマはペニスにイボができるというのがよく知られている症状です。しかし実はウイルスが感染することによって引き起こされる立派な病気なのです。見た目に悪影響を与え、再発もしやすい病気なので、しっかり知識を深めましょう。

性病に感染しないために、何を心得る?

性病の感染には性行為が主ですが、性行為には通常のセックス以外にもオーラルセックスやアナルセックスも含まれ、病気の種類によってはキスだけでも感染するものがあります。
有名なものにはクラミジアや淋病、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、トリコモナス、膣カンジダ病などがあります。
性病に感染しないための心得としては、まず不特定多数の人と性行為を行わず、特定の人とだけ性行為を行うことです。
性病に感染していない人同士での性行為で性病を患うことはありませんが、不特定多数の人と性行為を行った場合、相手が性病を持っていないという保証はありません。

また、特定のパートナーであっても、過去のパートナーやそのパートナーが性病に感染していないとは限らないので、特に結婚を決めているような場合は互いに性病の検査を受けることが望ましいでしょう。
性行為をする前に、体やベッドなどを清潔にし、相手の体に異常がないかを確認することも性病を防ぐのに有効です。
もし陰部の周辺に炎症やいぼいぼがあったり、異常な臭いがした場合は性病の可能性があるため、性行為は控えるようにしましょう。
性行為を行う場合にはコンドームを着用することも重要です。
コンドームで防ぐことができない性病も少数ありますが、ほとんどの性病はコンドームを着用することで防ぐことができます。
そのためには、途中でコンドームを着用するのではなく、最初から最後まで着用していることが大切です。

万一性病にかかってしまった場合は性病治療薬を使用し、すぐに治療を行いましょう。
多くの性病は放置せず、軽度の内に性病治療薬を用いれば感知します。
性病治療薬は通販でも購入することができますし、最近では匿名で性病の検査をする機関もあります。